いま6歳までのこどもは半分以上が習い事をしているそうです。
早いうちから始められる習い事のメリットを3つ挙げていきます。

頭が柔らかいうちに根気・集中力を養う
・社会出てからも必要とされる能力です。
続けることの大事さや物事を投げ出さないなどの当たり前の能力を養えます。

先生はもちろんまわりとの協調性が必要
・上に挙げたように社会に出てからコミュニケーションは必ず求められます。
習い事を通じてまわりのお友達へ優しさをもつこどもも少なくありません。

親子のコミュニケーションツールのひとつになる。
・送り迎えや課題はこどもだけで乗り越える問題ではありません。
親子が一緒になってクリアしていく経験が親子の絆を深めます。

習い事を通じて社会に出てからも自分の能力を発揮する力を引き出すきっかけになります。